フィリピンに留学をお考えの方必見!サイト徹底比較

フィリピン留学ランキング

あまりお金をかけての留学は敷居が高いもの、費用面がリーズナブルでありながら、語学学校もリーズナブルで充実しているのがフィリピンです。日本人にも人気が高いフィリピンへの留学は、多くの人が選ぶランキングを参考に、最も良い留学先を選ぶことができます。

費用面でも他国よりもお財布に優しいのが、フィリピン留学をする語学の勉強方法であり、語学学校を決めるにも助けになるのはランキングです。すでにフィリピン留学をした人たちが、ここは良かったという感想がそこには集約をされているので、これから留学を検討する人の良い参考材料になります。

フィリピン留学ランキングでの比較をしておくのがなぜ必要なのかですが、事前にフィリピンでの学習の、良い面とマイナス面も知ることができるためです。街中は意外と自動車などの乗り物で排気ガスが多かったとしても、学校のあるエリアは空気もキレイで設備も整っているなど、見えない部分が見えてきます。

フィリピン留学ドットコム

  • レーダーチャート

    5

フィリピン留学ドットコムではフィリピンの留学だけを案内しているわけではありません。フィリピンに行くとマンツーマンで授業が受けられるだけではなく、10時間の集中プログラムがあるので、短期間で内容の濃い授業が受けられます。

現地にはマネジャーがいるので、定期的に学習のアドバイスを受けることができます。サポートや相談は真摯な姿勢で行うので、友人関係などといった問題も解決できます。パソコンを使いながらオンライン英会話も楽しめるので、外出先でも学習ができます。

留学をするとなると費用が気になりますが、フィリピン留学ドットコムでは、学費保証制度も充実しているので、途中で帰国したりすることなく、無事終了するまで現地にいることができます。

セブイングリッシュ

  • レーダーチャート

    5

フィリピンに留学して英語を勉強したいと考えている方は、セブイングリッシュに相談してみるようにしましょう。無料でいろいろなことを相談することができるようになっていますから、疑問に感じていることをすぐに解決することができるのではないでしょうか。

また無料で相談することができるだけでなく、見積もりを無料で出してもらうこともできますから、どれくらいの費用がかかるのかを具体的に知ることができます。ですから費用の面で心配することなく、留学の準備を行うことができるのではないかと考えられます。

ちなみにセブイングリッシュはいろいろな種類の語学学校と提携していることから、自分の目的に合った語学学校を選択することができるようになっています。ですからさらに満足することができる留学生活をフィリピンで送ることができるのではないでしょうか。

サウスピーク

  • レーダーチャート

    4

サウスピークでは社会人だけではなく高校生のための留学プランが充実しています。フィリピンであれば、数多くの日系企業が進出しているので、働くことを目的としたかたちで現地で語学や文化などを学ぶことができます。

現地で就職をするときは、留学中に説明会に参加することができて、説明会で海外就職についての基礎情報を入手することができます。説明会後は30分間の無料面接が受けられるので、勉強と両立させながら仕事探しができます。

文系はノースキルでもフィリピンに行って語学を学ぶことができます。留学期間は長期間になるので、休学者が対象になっていますが、スケジュールには余裕があるので、自分のペースで実務経験を積むことが可能です。

8weeks

  • レーダーチャート

    4

近年の国際社会の影響で、英語力を伸ばしたい人が増えています。8weeksは、まず短期間のフィリピンへの留学を経て2カ国目の欧米への留学を推奨しています。8weeksのカウンセラーは、皆留学経験者で、納得した学校だけを勧めています。

実績数は業界トップなので安心して申し込めます。最低価格保証の見積もりを提示しているので、万が一他社よりも高い場合は申告可能です。安さの理由は手数料がかからないからです。留学前、留学中、帰国後までサポートしてくれます。

フィリピン留学からの帰国後は、キャリアカウンセリングを受け、今後の仕事に役立てる2カ国留学を勧めています。2カ国留学をすることで、英語を使った仕事に就く道に繋がります。

たのまな

  • レーダーチャート

    3

通信講座のたのまなに注目が集まっています。特に語学学習には定評があり、効率のよい留学制度もあり、老若男女問わず多くのかたが積極的に申し込まれています。フィリピンなどにも学びに行かれる方もいて、航空券の安さも相まって学びやすいと言われています。

効率のよい留学方法などもアドバイスしてくれますので、ただ教材が送られてくるだけではなく、総合的なサポートが実現していることも人気の秘密かもしれません。詳しいカリキュラムやサービス内容は公式サイトに掲載されています。

またインターネット上に公式サイトがあり、申し込みもしやすいので、日本全国どちらにお住まいの方でも同じサービスが受けられます。通信講座の概念が覆るくらい学びやすいシステムですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

フィリピン留学ならヒューマンアカデミー【たのまな】

語学学校NILS

  • レーダーチャート

    3

語学学校NILSは観光地としても知られるセブ島のセブシティにあります。ここはフィリピンの中でも治安が安定していると言われ、学校は新しいオフィスビル内にあり、レストランやショッピングモールなども利用しやすい場所に立地しています。

語学学校NILSでは海外でも不安なく留学生活を送ってもらえるよう、日本語で対応できるフィリピン人スタッフや日本人のスタッフを配置しています。又、現金無しで医療機関を利用できる海外旅行保険を紹介したり、現地で病気になった場合には医師を手配したりといったサポートも受けられます。

基礎固めのジェネラルESLやTOEIC受験を目指す人などを対象にしたスペシャルコースなどがあり、期間も短期留学から長期留学まで、各人の語学力や目的に見合った留学が出来るよう様々なプランが用意されています。

英語はアジアでも学べる!フィリピン留学が人気の理由

留学というのは人間的にも成長させてくれる上に、英語という大きな武器を手に入れることができます。英語は国際言語としての存在感が増しており、特に使える英語教育が遅れている日本においては、留学することで身につけられる英語力は就職においてもかなり有利となるでしょう。留学先といえば、英語圏である欧米諸国をイメージする人も多いですが、今、アジア圏も注目されています。中でもマレーシアとともにフィリピンが人気ですよ。様々な国に各々が留学する中で、日本の全留学生のおよそ半数以上がフィリピンを留学先として選択しています。欧米圏で実現するのなら高額になるであろう充実した授業内容と教育体制を低コストで実現できるところが一番の魅力といえるでしょう。加えて、日本からの渡航距離が近いことも有利に働いています。

実際にフィリピン留学を利用している人は、日本人以外では韓国人が最も多く、台湾やロシアからの留学生もいます。しかし、基本的にはマンツーマンのレッスンとなっているため、留学先の語学学校の国籍バランスはそう気にすることもないでしょう。また、日本からは社会人が主に留学生としてきており、他の国からは学生が来ていることが多いので年齢差はあります。フィリピン留学の場合、ほとんどの学校が全寮制という形をとっているので、寮では他の留学生と多少の接点はあるかもしれません。しかし、少しくらい年齢差があったほうが必要以上に馴れ合うこともないので勉強に集中できるという意味でプラスになるでしょう。一方、仲良くなったとしても今後のために人脈を広げるという意味では幅広い年齢層と交流できることはプラスになります。

実際にフィリピン留学で英語力がどれくらい伸びるのかというのも気になるところですよね。たとえば、留学前にTOEICで500点未満の人がビジネスで使える英語を身につけようと考えているのなら、半年から8か月ほどの期間が必要になるでしょう。真面目にやっていればスコアを800点台まで伸ばすことができます。欧米留学と比べると短い期間での習得が可能ですよ。仮にフィリピンに1年間留学したとなるとスコアは900を超えプレゼンやディベートも難なくこなせるぐらいの力を身につけることができます。そこまでいけば、英語に対するコンプレックスはなくなることはもちろん、ほかの海外の大学などにも入学できるようになりますので、語学力を身につけるスタート国としてもいいでしょう。日常会話程度でいいということであれば、4か月ほどあれば十分ですよ。

カテゴリ

PAGE TOP